Check  
【このイベントは終了しました】

布の展示&スライドトークショー 布が語るグアテマラの女性たち

【申込受付終了しました】
分野: 人権
対象者: 青年成人高齢者親子障害者詳細参照
テーマ: 自分らしい生き方を求めて  家族との関係を見つめなおす  お互いを大切にするために  社会とつながるために  一時保育を利用して知りたい・学びたい  その他 
[事後レポート]
2月28日(水)にタペストリーアーティストの小林グレイ愛子さんをお迎えしてスライドトークショーを開催しました。
グアテマラの民族衣装や写真を展示し、スライドを流しながら、グアテマラという国の話、そこでの小林さんの暮らしのこと、グアテマラの女性が織る織物のこと、小林さんが現在サポートしている織手のグループの話など,
時には笑いを交え楽しくお話をしていただきました。

グアテマラを愛し、布に魅せられて、世界を飛び回り広い視野で物事を考えている小林さんの自分らしい生き方に勇気をもらった人は多かったのではないかと思います。

今回は時間の関係で用意したスライドの半分しか披露できなかったそうです。
アンケートには続編を期待する声がたくさんありました。




開催日: 2018年2月28日(水)
開場: 14:00 
開演: 14:30
終了: 16:30

国際女性デーを記念して
グアテマラの女性たちが織った民族衣装を多数展示します。その布から伝わるマヤ文明の奥深さ,貧富の差・先住民への差別など,人権問題を抱える中で生きている女性たちの生活やおもいを,訪れた村のエピソードなどを加え,タペストリーアーティストの小林グレイ愛子さんに語っていただきます。
「本当の幸せって・・・なに?」
午後のひととき,異国文化に触れながら考えてみませんか?


プログラム
費用・定員・申込み方法等
費用:
無料

定員:
50名
先着順/要申込

参加条件: 保育あり(1歳以上就学前,申込順数人)

申込方法: 2月6日(火曜日)より,平日9:00~17:00までに,調布市男女共同参画推進センターまで電話(042-443-1213)またはEメール(danjyo@w2.city.chofu.tokyo.jp)にてお申込みください。
申込期間: 2月6日(火曜日)より受付開始

会場
会場: 市民プラザあくろす3階 あくろすホール
施設概要のご案内です。
調布市国領町2-5-15 コクティー3階

主催
主催:
お問い合わせ先:
男女共同参画推進センター
お問い合わせ先TEL:
042-443-1213
FAX:042-443-1212 E-mail: danjyo@w2.city.chofu.tokyo.jp

19295